COLUMN

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ゼックの日常
  4. これで室内環境を管理!

これで室内環境を管理!

一部で話題の(?)これ、なんだかわかりますか?

コロナ禍にもってこいのアイテム、「二酸化炭素計測器」です!一番大きく表示されている数字が、空気中の「二酸化炭素濃度」を表しています。

これ一つで室内の「二酸化炭素濃度」「室温」「湿度」がわかります👀✨便利ですね!

二酸化炭素計測器がコロナ禍で役立つワケ

二酸化炭素計測器がコロナ禍のどんな場面で役に立つのか、それはずばり「換気」です!二酸化炭素(吐く息)の濃度が高くなると、その分室内の換気ができていない、ということがわかります。

厚生労働省からも「冬場における換気の悪い密閉空間を改善するための喚気の方法」の一つとして、「必要換気量を満たしているかを確認する方法として、二酸化炭素濃度測定器を使用し、室内の二酸化炭素濃度が1000ppmを超えていないかを確認することも有効です」

と、掲示されています。(ppm=空気中の二酸化炭素濃度を表す単位)

特に、寒い冬場は換気がおろそかになりがちです🥶しかし、この計測器があれば「計測器の表示が1000ppmを超えたら換気する」などと、換気におけるルール設定のの目安として活用できます👌

感染対策には加湿も大事

ウイルスは、湿度の高い場所ではすぐに地面に落下してしまいますが、乾燥した空気中では、水分が蒸発して軽くなるため、長い時間空気中を漂います。そのため、ウイルス感染対策には、湿度管理も大切です☝

ゼックでもこちらの空気清浄機兼、加湿器で常に加湿しております。

新しい生活様式への対応

今は、社内に設置して社内の室内環境の管理として利用していますが、今後コロナが終息して人を集めてイベント等を行うことができるようになった時にも、こちらの二酸化炭素計測器を活用して室内管理に努めます。

おそらく、今後コロナが終息しても新しい生活様式として、室内環境の管理は必須項目として定着していくはずです。新しい生活様式にも対応し、また、集まって頂く皆様に安心して過ごして頂ける環境を作ります🍃

関連記事