SPにおけるコミュニケーションデザイン

セールス・プロモーション(SP)におけるコミュニケーションデザインは
「売れた」「売れない」がポイントになってきます。

SPの目的は「売り上げを伸ばすこと」です。
ですのでSPにおけるコミュニケーションデザインは、消費者の購買に直接働きかける必要があります。
行動を支配するには、各種モデルがありますが、ゼックでは「SP理論」に基づいた、
「ターゲット」に対するコミュニケーションを最大限発揮することにより、
行動に結びつけるという単純モデルを用いています。

つまりターゲットを特定個人に限定することにより、価値観を限定し、直接行動に結びつけます。
SPコミュニケーションデザインにより、直接行動に働きかけるデザインを提供します。

ページ上部へ戻る