記事

SP理論には、「失敗」がない。

AD(広告)は、失敗しても、理由がわかりません。なぜならば、デザイン構成が悪かったのか、広告を打つ場所が間違っていたのか、数量が足りなかったのか、時期が違うのかなど、考えられることが多すぎるのです。つまり、うまくいったときのみ、理由をあとで付け足して、分析しているフリをしているのです。

SP理論は、失敗がありません。なぜならば、もしうまくいかなかったときに、その理由が明確だからです。それは、「ターゲットの設定が間違いだった」ということです。つまり、「売れないターゲットが見つかった」ということになります。売れない先に対し、見えない広告予算をつぎ込み続けることは、お金を捨てているだけです。しかし、SPでは、次はターゲットを変更すればいいのです。

obj_02
これが、SPには絶対に失敗がないということです。

ゼック・エンタープライズは、このSP理論を元に、コンサルティングを行います。それぞれのターゲットを明確にし、そしてそのターゲットに対し、適切な手法の提案をとも構築していきます。
是非一度、お試しください。

関連記事

ページ上部へ戻る